本当の意味での自由を得る為「独りで生き抜く力」を育てる為のネットビジネス解説ブログ

Sagetale.online

推奨商材

【特典付き】アフィリーガルの正直な評価。正直学ぶには不十分?美容系アフィリエイターが本音で語ってみた。

投稿日:

知らなかったでは済まされない。美容系や医療系、健康系のアフィリエイトサイトを運営しているのならば、この記事は必ず最後まで読んでおいてくれ。今回解説をする教材は「そういったジャンルに参入している人の為の必須教材」だと考えて貰えれば幸いだ。

その教材の名前は「アフィリーガル」

名前に法律(リーガル)と言う単語が入っている事からも分かるように、アフィリエイトサイトを運営していく上で法的なリスクに遭遇する事を回避するためのマニュアルとなっている。つまりこの教材では「稼ぎ方」ではなく「法律に抵触しない為に」という目的で作られている。

健康系や美容系のジャンルでサイト運営をしているアフィリエイターも多いだろう。主婦やママさんが取り組むことが多いジャンルだけども、よくあるケースとして薬機法に抵触しているという事がある。薬機法がどんな法律なのかを知らずにそういったジャンルでアフィリエイトをするのは自殺行為だと考えてくれ。

アナタが運営しているサイトが薬機法に抵触している事で、実際に行政指導が入る可能性がある。そして場合によってはアナタが運営している美容系サイトが停止処分を喰らうorサイトごと消されるケースも容易に想像できる。

この記事では薬機法についても分かりやすく解説をしていくが、美容系、医療系、健康系のジャンルを実践している方にはマジで知らなきゃヤバいような話なので、まずは読んでおいてくれ。

薬機法とはどんな法律なのか

元々は薬事法という名称だったのだが、近年になって薬機法の名前に変更された。そして変更だけでなく更に規制は厳しくなったと考えて貰えればいい。

このブログを読んでいる方の多くはアフィリエイターなので、法的な話をクドクドとするつもりはない。シンプルに言ってしまえば「医薬品でもないくせに誇大表現はするんじゃねえぞ」という事だ。

ネット上では良く目にする表現だが、「このダイエットサプリを飲んで1週間で痩せた!」とか「この化粧品を使えば簡単にシミやそばかすが消えました」というような誇大表現はしてはいけないんだ。

だから自分のアフィリエイトサイトの記事中でそういった表現を使っているとアウトになる。「これを飲んだら痩せます」みたいな表現をすると完全にアウトだっていう事だ。それを知っておいてくれ。2018年現在でもそのような表現をしているサイトやブログを見かけるが、そういったサイトは「サイトごと消されるかもしれない」と言うリスクを抱えているという事を把握しておいてほしい。

ちなみに補足になるんだが、ビフォーアフターの写真もアウトだ。「この化粧品を使ってシミが無くなりました!」という事を示す為に写真を記事中に掲載してしまうと薬機法に抵触しちまう。これもセットで知っておいてくれ。

そう考えた時に困るのが、記事の書き方だ。

薬機法に注意しながら記事を書くのはメチャクチャ難しい

俺も美容系アフィリエイトサイトを運営している。ぶっちゃけココだけの話だけど、俺のサイトは「薬機法」に抵触していた。言い回しや文章が完全にアウトだった。

俺の美容系アフィリエイトサイトでは主にサプリメント、美白クリーム、妊娠線クリームを紹介しているサイトだったんだけども、「このクリームは美白の効果が抜群」とか「塗るだけで妊娠線が消えますよ」というような表現を普通にしていた。

薬機法の存在は知っていたんだけど、「ま、大丈夫っしょ」というくらいのライトさで構えていた。だって個人がやっているアフィリエイトサイトに行政指導が入る訳がないと思っていたからだ。だけどもニュースで「薬機法の件で行政からの指導を喰らっている企業が増えている」という事実を知って、俺も「これはヤベえな」と流石に青ざめた。まあ、急いでサイトの記事を修正しようとする訳だ。

だけども薬機法に抵触するか否かというのを素人が判断する事はメチャクチャ難しい。…というか完全に把握する事は不可能だ。だって法律家じゃねえんだもの。そんなこともあって、ネットでググりながら「薬機法に抵触するNGな言い回し」とか「薬機法に抵触しない大丈夫な文章」などを勉強して、必死で記事の言い回しや文章を修正、加筆していった。

…今だから言える。ネットで薬機法の「セーフティライン」を調べるのは止めとけ。これはマジで俺が全力で全てのアフィリエイターに言っておきたい。薬機法で「この言い回しはOK」「この言い回しはNG」という記事はネット上に山ほど転がっているが、それを見ながら修正するのではあまりにも非効率的だ。…と言うか無理。

そういう事もあって俺はマジで時間を無駄にしながら必死で記事を修正していたんだが、そんな時に見つけたのが「アフィリーガル」だった。

アフィリーガルはマジで一部のアフィリエイターには必須

自分でサイト記事を修正したつもりだったけども、アフィリーガルを読んで驚いた。修正して安心した気になっていたが、この言い回しでもアウトらしい。ネットでググりながら薬機法の抵触している文章を修正しても、それでは不十分だというケースがある…というか俺は普通にそうなってたんだよなあ。

俺にとってアフィリーガルはマジで聖書(バイブル)のような存在だ。

アフィリーガルの利点として、どんな表現をしていれば薬機法に抵触するのかという境界線を知る事が出来るだけではない。NG表現だけでなくて、こんな言い回しで書いていきましょう、という具体的な改善表現がまとめられている点が最強だと思っている。

実際、自分のサイト記事を見てれば「この言い回しはアウトかな」とかいうのは、なんとなく分かるんだよなあ。だけども、どう言い換えればいいのかが全く分からない。そういう時の辞書のような役割としてもこのアフィリーガルは手放せないんだ。

断言するが、マジで医療系、健康系、美容系のアフィリエイトサイトを運営しているんだったら、手元に置いておくべきだ。法的なリスクはマジで容赦ないし、せっかく1年、2年かけて作り上げたサイトが消されたらどうするんだって話だ。売上全部消えるよ…。

…脅すつもりは毛頭ない。だけども言っておかなければならないんだ。

既に薬機法を知らなきゃ稼いでいけない

俺は少数のアフィリエイトサイトだけで収益を挙げている。だから、1つのサイトの収益が消えるだけでも死活問題だ。

そう考えた時に稼ぎ頭の美容系アフィリエイトサイトが、法的リスクを抱えたままって状態はマジで恐ろしい。俺みたいに臆病な人間はその不安を抱えているだけで吐きそうになる。だから薬機法に触れてしまうような文章表現を一部でもサイトに残しておきたくないんだ。

アナタにも伝えておきたい。今後も健康系や美容系などのアフィリエイトをしていくのであれば、薬機法は絶対に抑えておくべきだ。そうしなければまともな神経で運営していく事は出来なくなる。薬機法のNG表現、OK表現、どのように改善をするべきかを抑えておいてくれ。

美容系、健康系、医療系という括りのサイトを運営している人に対して説明をしたが、実際これに当てはまる人は多い。

  • サプリメント
  • ダイエット
  • 乾燥対策
  • 育毛、薄毛
  • シワ、シミ対策
  • ホワイトニング
  • ニキビ
  • 美白
  • コスメ

などなど。ここで一覧化したらキリがないのでまとめるのは止めておくが、とにかく幅広いジャンルで薬機法が関わってくる。だから自分のジャンルだったら薬機法にも抵触しないな、と他人事と思わないで欲しい。自分に関わってくる問題だと思っておいてくれ。

そういう意味でもアフィリ―ガルは最強のリスク回避マニュアルだとオススメしておきたい。オススメと言うよりも、持っておいてくれという俺の願いなんだよなあ。実際、俺もそのジャンルに参入している1人のアフィリエイターとして、薬機法には手を焼いていたんだ。少なくとも危機感を持っておいてほしい。俺はそんな法律でサイトを死なせたくない、それだけだ。

アフィリーガルを特典付きで手に入れる

それから、もしもこの記事を読んでいるアナタがそういったジャンルで運営しているならば、言っておきたい。

迅速に記事を見なおして全てに修正をかけろ

今運営しているサイトの記事を片っ端から見直してほしい。

そして、薬機法に抵触をしていないのかを確認してくれ。もしも抵触していると思った箇所があれば、全て余すことなく修正をするべきだ(もしくは記事ごと削除すべきだ)行政指導が入ってからでは遅い。小学生の宿題忘れのように「やるの忘れました」でお終いにはならない。叱られてお終いだったらどれほど気楽だろうか。何らかのアクションが起きてからでは、余りにも遅いんだ。

実際に俺が多くの美容系アフィリエイトサイトの記事を見ていると、薬機法にダイレクトに抵触している記事を頻繁に目にする。というよりも、ほぼ毎日見かける。皆、薬機法を知らないのか、軽視しているのかは知らないけども。俺はやっぱりリスクは徹底的に削っておきたい主義の人間だ。だから俺が神経質なのかも知れないけども、それでも変化が起きてからでは遅いという事を今の内に俺はこのブログで言っておくべきだと率直に思った。

さっさと修正して対策をしてくれ。

この記事を読んでいるのが薬機法に詳しく、自分の目で良い感じに修正が出来るのであれば、別にアフィリ―ガルは必要はない。というか買わない方が良い。だけども薬機法について存在は知っているけど、ネットで調べて何とかするレベルのアフィリエイターは必要だと俺は考える。

動きが見られてからでは遅すぎる。

生き残る者と死にゆく者の境界線にいる

俺は今、境界線を踏み越えた。今までは生か死の境界線で立ち止まっていた。自分のアフィリエイトサイトが指導を喰らって、最悪の場合にサイトがぶっ潰されるリスクを背負っていた。しかし、ようやくその危険な状態から脱したんだ。

薬機法は今後更に厳格化していくという事を想定しておこう。今の様に少し抵触しているくらいでも、「アフィリエイトサイトだったら大丈夫」という軽さで許されている状態が続くとは、ゆめゆめ思うなかれ。

そして、対策には時間がかかる。今までに書いた記事修正。新しく書く記事への注意。そういった事を考えると薬機法に対する対策は想起的に行うべきだろう。仮に100記事以上をサイトにブチ込んでいるのであれば、1記事1記事を修正するにも時間がかかる。だからこそ、今の間に出来る限り対策を行って欲しい。

そして今後、行政が動き出した時に生き残るのは「対策をしたサイト」だけだ。薬機法を軽視している連中のサイトはその動きでぶっ飛ぶと考えておくべきだ。脅しが過ぎると思われるかもしれないが、最悪のケースは想像しておくべきだと俺は思う。

その為にも薬機法の仕組み、NGとOKの境界線、文章の書き換え案を知ることが出来るアフィリ―ガルは手に取っておいてほしいと思う。

アフィリーガルを特典付きで手に入れる

そうは言っても購入しない人もいるだろう。だから特典を付けることにした。俺のサイトから「アフィリ―ガル」を購入した人にはオリジナル教材+メールサポートをお渡しする。

 

【限定特典】圧倒的な差を付ける記事ライティング法&俺のサポート

PDF教材:アフィリエイトで圧倒的な差を付ける記事ライティング法

いくつ記事を書いても成約が増えない。月3,000円程度しか稼げない。どうやれば稼げるようになるんだろうか。そんな悩みを抱える人達のサイト&記事を分析した上で、俺が作り上げたのがこのPDF教材だ。俺自身がアフィリエイトで意識しているライティング技法とマインドを全て凝縮した教材となっている。割と役に立つと思うよ(謙虚)

無期限のメールサポート

俺のメールサポートは俺が生きている限りは一生サポートする。悩みや不安は2年後でも10年後でもサポートをする。ここまで徹底的に寄り沿ったメールサポートは世の中に存在するだろうか。ちなみにメールサポートは基本的に3日以内には必ず返信をするようにしているので、その点も安心をして欲しい。

アフィリーガル自体が凄く良いマニュアルなので、俺が特典を付ける必要も無かったのかもしれないが、やっぱり「お得に買いたい」という人もいるだろうし、何なら俺自身がそういう人間だ。なので、俺はマジで実戦で役立つPDF教材とメールサポートを特典として提供する事にした。

  • 薬機法に対して危機感を持った
  • 今後もサイトを稼がせ続かせたい
  • 単純に特典の教材とメルサポが欲しい

そういう方はぜひアフィリ―ガルを手にして欲しい。くどいようだけど、今の内に買って手元に置いておいた方が良いと言っておく。

アフィリーガルを特典付きで手に入れる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
長官(チョウカン)

長官(チョウカン)

長官(チョウカン)です。当然だけど本名ではない。このブログでは自分を出さずに、ただ語ることにした。俺には正義もクソも掲げるものは何1つないけど、ただ情報商材や無料オファーについての良し悪しは語る事が出来る。

-推奨商材
-, , ,

Copyright© Sagetale.online , 2018 All Rights Reserved.