本当の意味での自由を得る為「独りで生き抜く力」を育てる為のネットビジネス解説ブログ

Sagetale.online

無料オファー

堀口祐介「パラサイト」は詐欺?ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクトは成功するのか?

投稿日:

最近は割と落ち着き気味の仮想通貨。そんな仮想通貨の無料オファー案件を今回はレビューする。扱うのは堀口祐介さんが展開する「パラサイト」ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクトだ。

「パラサイト」ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト【Enrgizy 株式会社 堀口祐介】

URL:http://alcqoa.com/lp1/end_index.html

少々の落ち着きがあるものの、やはり根強い人気がある仮想通貨。

それに紛れて怪しい案件や詐欺案件が多数世の中に出ているのも事実だ。ただそれらをつぶさに観察してみて頂きたい。実際には「仮想通貨は稼げるらしいよ」「簡単に爆上がりしてキャッシュがどんどん手元に入ってくる」「馬鹿でも稼げる」というような話にならないような薄いオファーだらけだ。

言っておくけど仮想通貨の細かい仕組みや、システムを熟知している仕掛け手はまずいない。この業界で怪しい打ち出し方をしている人物は総じて仮想通貨をネットで調べた程度の知識しかない人物か、少しかじった程度、あるいは「稼げるんじゃね」程度しか知らない場合もある。

そんな人物が打ち出す仮想通貨案件はまあ、稼げるはずがないよな。実際の所、素人にちょっとした毛が生えた程度の知識と経験しかないのにも関わらず仮想通貨での稼ぎ方を教えられるわけがない。

事実として、ネットを探してみればそういった仮想通貨案件に引っ掛ってしまった情報弱者の悲痛な被害報告、詐欺報告が多数見つかる。仮想通貨は確かに魅力的である。だけども同時に注意深く観察をして判断をしなければならない。詐欺被害が多数存在する以上は「稼げるかも」という曖昧さで手を出してはならない。

…少し注意も過ぎたが、それだけ仮想通貨には気を付けて欲しいという事だ。という事で今回のレビューにも俺が責任を持って判断をしていきたい。

【記事紹介】↓この記事だけはチェックしておいてくれ!↓

堀口祐介さんの評判。情報発信では無名

このALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクトを提供する堀口祐介さんをアナタは知っているだろうか。

…俺は知らない。誰だこの人。

まず、俺としては実績があるかどうかを見たい訳ではない。この堀口祐介さんが本当に仮想通貨で稼いでいて、その実績を厭らしく胡散臭く「これだけ稼ぎましたよ」と情報発信している様を俺は見たい訳ではないのだ。

ただし、何の情報発信もしていないポッと出の堀口祐介なる人物は貴方は信用できるだろうか。

仮想通貨のブログを書いていたり、過去に雑誌掲載歴があったり、そこまで大きな事じゃなくてもビジネスの世界での活動実態が欲しい。何かしらの情報を発信しているのであればまだ信用が出来る。しかしながらこのネットの世界で誰も堀口祐介さんを知らない。誰なんだこの人は。

という事で人物としての信用は存在しないよな。誰だって話だ。まあ、ただまだこれだけだと何とも言えない。そこで確認をするのが特定商取引法の記載だ。

特商法が不足しているという危険性

まあ、例の如くって話なんだけど、今回の案件の特商法を確認してみて欲しい。⇒http://alcqoa.com/tokutei/

「特定商取引法に基づく表記」として必要な要素がほとんどない。つまりこの書き方であると特商法としての必要事項を満たしていない事になる。電話番号や住所などが一切記載されていないことに加えて、運営責任者、電話番号、連絡先、住所は必要になる。しかし今回の場合は特商法には一切存在しない。コレはいただけない。

この場合に見た時に、特商法の記載ミスや不備と言うよりは、明らかに明記する事を避けたいがためと言うように見える。というかここまで特商法の形式を無視しているというのは、「マジで守る気がねえだろ」としか思えない。よくあるケースとしては、特商法には住所も電話番号も記載していないので、高額なサービス、コンサル、塾をお客さんに販売して金を受け取った後で、そのまま逃げてしまうという事がある。

50万円の高額塾に入って、そのまま持ち逃げされた人を俺はリアルで知っている。だから特商法すらまともでないこの無料オファーには参加しないでいただきたい。

特商法くらいはまともに記載して頂きたい。

ちなみに個人情報の扱い方に関しても確認をしておいてほしい。

▼ 弊社は、以下のとおり、個人情報を共同利用することがあります。
(1) 共同利用者:各種セミナー、教材開発の主催者および共催者
(2) 共同利用される個人データの項目

氏名(窓口担当者を含む)
住所(郵便番号を含む)
E メールアドレス
性別
電話番号
FAX番号
勤務先名
肩書き・部署
職業
お客様番号

引用:http://alcqoa.com/tokutei/

渡す相手が誰なのかが分からないし、そもそもEnrgizy 株式会社の会社実態が不明なんだよ。そんな訳が分からない会社が訳が分からない共同利用として「個人情報」を受け渡さないでいただきたいところだ。

「パラサイト」の仕組みは?コピートレードで稼ぐ?

では、さっそく中身の方を見ていこうか。今回の「パラサイト」の中身はどうなっているのか。まず俺が見る限りでこの「パラサイト」のシステムは「コピートレード」だろう。つまりは実際のトレーダーの取引を自動的に他の人にも配信して共有を行うという仕組みだ。

名前の通りだがトレードをコピーする。従って自分出の裁量で取引を行う訳ではなくて、他のトレーダーの取引を幾ばくか自動的に再現する事が出来る。

っていうことはだ。この「パラサイト」なるシステムは何も目新しい事でも革命的な発見でもなく、従来から存在する仕組みっていう事になる。昔からFXの取引では良く行われていた。それをそのまんま仮想通貨でも反映させただけの話に過ぎない。何も目新しくない。

目新しくはないけど、大事なのはそこじゃないだろ?実際に稼げるかどうかってのが肝心だ。

コピートレードで誰をコピーするのか

考えておきたいのが、コピートレードっていう事は誰かの取引をコピーする必要がある。

その場合にプロ投資家のトレードをコピーするのであればまだ分かる。だけども、今回の場合は誰の取引をコピーするのかが明確ではない。そもそも誰か知らない投資家の取引に信頼は出来るのだろうか。

堀口祐介さんの事も知らないし、特商法もクリアしていない。全く何か分からないにも関わらず、彼らが提供する仕組みを信用する事がアナタに出来るのか。俺は少なくともできないな。

この記事を読んで貰えれば分かる通り、今回の無料オファー「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」は極めて危険である。堀口祐介「パラサイト」には手を出さない様にして頂ければ幸いだ。

もしもアナタが仮想通貨に拘っている訳ではないのであれば、下の記事も併せて読んでおいていただきたい。俺は別に「仮想通貨はダメだ」という気もないし、投資にも偏見は存在しない。やりたいならやればいい。だけども、もしかしたらアナタは投資よりもネットビジネスの方が合っているのかもしれないんだ。

そういう意味でも自分の思い込みを壊す1つのきっかけになればうれしく思う。大事なのは自分が欲しい物を掴めるかどうかだと俺は思うぞ。めんどくせぇとか俺には関係ねえと思わずに絶対に読んでおいてくれよな。

もしも、貴方がネットビジネスを実践する際に悩んでいるのであれば、俺に1度だけでもいいから相談をしてくれ。

俺も暇のように見えて実は忙しいから、全ての質問に答えられる自信はないけども出来る限りは答えていきたい。ネットビジネスは一通り実践してきてはいるが、俺の専門はアフィリエイト(ブログ、トレンド、サイト)だ。だからアフィリエイトに関しての込み入った内容は俺も答えられるはずだ。

貴方が今この瞬間一番やってはいけない事は俺にスパムメールを送る事でも、このブログのコメント欄に罵詈雑言書く事でもない。

1番やってはダメなのは「僕(私)には稼げないんだ。一部の人しか稼げない無理ゲーなんだ」と自分に絶望する事だと俺は思う。俺の気持ちとしては貴方に「え、意外と簡単に稼げるじゃん」と分かって貰いたい。

再度言うが、もしも悩んだり行き詰っているなら俺にメールを寄こせ。下のボタンをクリックすれば相談メールを送れるページへと繋がる。畏まってクソ丁寧にメールする必要はない。ビジネスメールなんて全てクソだと俺は思ってる。気軽にメールしてくれ。俺も気軽に返すから

侵害による記事削除について

情報商材のレビューを行っていれば、「詐欺だというのは侵害だ」とか「営業妨害だ」という事で侵害申請をサーバー経由で送り付けられる。脅迫じみた文言で申請を送ってくるわけだが。もしも、この記事を読んだ無料オファーの関係者がいれば、まずは俺にお問い合わせからメールを送って欲しい。脅迫のような削除依頼ではなくて、実際にどの文言に矛盾点があるのか、俺が言っている事が事実無根であるならば言葉で良いから証明をして欲しい。俺だって別に全てのオファーに対して詐欺だとか言っている訳ではない。良いオファーに関しては適切に語るし、ポジショントークではなく真面目に判断をしたい。俺は少なくともそう考えている。まずは話しかけてくれ。正当性があるなら俺も謝罪して記事を書き直す。正義を掲げる気も語る気も無いが、レンタルサーバー会社に下らない申請手続きを取らせるのが申し訳ない。だからまずは1度気軽にお問い合わせから相談して欲しい。問い合わせからメールを頂いた場合については対応するが、当サイトを経由せずにサーバー側への削除申請に関しては全て却下し削除にも応じない。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
長官(チョウカン)

長官(チョウカン)

長官(チョウカン)だ。偽名だ。この名前にした理由は「何かカッコいいから」だ。それ以外に特に理由は無い。 2018年現在はアフィリエイトをコソコソやりながら生活をしている。来年はどうなるかは知らない。 このブログに始めて訪れた人は記事を読む前にプロフィールを読んでおいてくれ。俺がこのブログで伝えたい事は8割くらい書いておいた。

-無料オファー
-,

Copyright© Sagetale.online , 2018 All Rights Reserved.