本当の意味での自由を得る為「独りで生き抜く力」を育てる為のネットビジネス解説ブログ

Sagetale.online

アフィリエイト

アフィリエイト記事が書けない初心者が意識すべきたった1つの文章技法

投稿日:

俺も色々なアフィリエイターを見てきた。子育て中の主婦から定年後のお父さんまで、幅広い層の人達の活動をウォッチしてきている。

その中で割と多いケースとして「アフィリエイトの記事を書くスタイルが間違っている」という事が挙げられる。

アフィリエイトの記事制作を行う際には「意識の使い方」を徹底しなければならないと俺は常々思う。まじで。

【記事紹介】↓この記事だけはチェックしておいてくれ!↓

俺はアフィリエイトの記事を書く行為に苦痛を感じていた

この記事を読んでいる人の中には、アフィリエイトの記事を書く作業が苦痛で仕方が無い人も多いだろう。

記事を書いていたらついサボってしまうという人も。俺も怠惰な人間だからその気持ちは理解出来る。俺自身が記事を書く作業に苦痛を感じていた時期がある。いや記事を書く作業に苦痛を感じていたと言うよりは記事を書くための集中力が続かなかったんだ。

自分が集中が続かなかった事から「俺ってマジで駄目かもな」というような自己否定に陥ったことも有る。アフィリエイトの記事を書けば稼げるって事は色々なブログやサイトでも書かれているけども、その肝心な記事を書く事が俺にはできなかったんだ。集中力が続かないんだもの

書きたくないしな。

メンドクサイと思って記事を書くとクソが出来上がる

で、記事を書くのはメンドクサイなあ。だけど書かなきゃなあというモチベで作業をしていると、途轍もなくクソみたいな記事が生まれてしまう。

書き終わって自分で読むと「何だこのクソ記事」と自分の文章力とか熱の無い淡白な文章に絶望するんだよ。間違えないで欲しいのは俺は別に自分に文章を上手く書く能力があるとは微塵も思っていない。だけども、それでも一般人レベルでの文章は書けるはずだと思っていたんだ。

だけども実際に書き終わった記事を読んでみると自分の文章の汚さや読みにくさ、淡白さに絶望していた。

ただ、自分の気持ちに乗っている時は非常に熱い文章を書ける。自分で書いていて、この記事は素晴らしいと自画自賛したくなるような文章を作り出すと事が出来る。

日によって記事の品質にバラつきが出てくる謎

自分がどうしようもなくつまらない記事を書きあげるのか、それとも自画自賛してしまうような素晴らしい記事を書きあげるのかは日によって違っていた。

ある日はメチャクチャ良い記事を書いて、違う日には自己否定に陥るようなどうしようもない記事を書いていて…。何で日によって記事の品質に差異が出てしまうんだろうかと不思議に思ったんだ。

そこで俺がたどり着いた結論をこの記事を読んでいる貴方とシェアしておきたい。

この記事を読めば貴方はモチベーションに左右されず毎日一定以上の品質の記事を書きあげることが出来るはずだ。その点は俺も保証しておこう。

俺自身がモチベーションで記事を書くか書かないかの意欲が変わる人間だった。なので、この記事もきっと貴方の役に立つだろう。

本音で主張をすれば文章の質は確実に上がる

俺も5日間その理由を考えた。いや比喩じゃなくてマジで5日間ミッチリと考えた。何で俺は日によって記事の品質にバラつきが出てしまうのか。

毎回記事を書く際に同じクオリティの記事を書きあげる方法は無いのだろうか。できることなら一切のストレスとか抱えずに鼻歌を歌うように記事を書きたい。そう考えていた。

その結果辿り着いたのは、主張が本音だと自分の文章のクオリティが格段に上がるという事実だった。

カレーライスは食べたいけど、フランスパンは食べたくない

つまりは俺が「カレーライスを食いてえ」と本音を言ったとする。俺は本当に心の底からカレーライスを食べたくて仕方が無い。今の気持ちとして12食分くらいはカレーライスが食べたいと本心から思っていた。その時に吐き出される俺の言葉は全て本音だ。

心の底からカレーライスが食べたいと思っている訳だから、その思っていることを文章にすれば間違いなく俺の主張は本音で構成されることになる。何となく意味は分かるだろうか。

逆に言えば、本音ではなくウソを吐いて文章を書いていると馬鹿みたいにストレスがかかるという事実も俺は気付いた。

例えば「フランスパンが食いてえ」と心の中では全く思っていないのにもかかわらず、文章で「フランスパンが食べたいです」と主張しても、その文章には一切の熱が籠らない。それはそのはずで俺はフランスパンを食べたいとは思っていないからだ。なので嘘を吐いている時の文章はマジで浅薄でクソッタレな文章が完成してしまう。

ウソを吐くという事は心の中で自分の主張を偽らなくてはいけない。本当はこう思っているけども、でもニーズがあるからこの主張に切り替えようとか。とにかく自分が吐き出したい言葉ではなく、別に吐き出したくない言葉を言ってしまう。

だから記事のクオリティにバラつきが出てしまうんだ。嘘を吐いた文章はクオリティが低く、本音で話した文章はクオリティは格段に高い。コレは俺が検証済みだ。

従って品質が高い文章を書きあげたいのであれば間違いなく自分の本音で語る事をオススメしたい。

そして俺から見て多くのアフィリエイターが自分の主張を出来ない理由は「キーワードに踊らされているから」だ。

SEO対策を狙いキーワードに踊らされる我々

貴方もきっとキーワードに踊らされていて自分が言いたい事が言えていない。

だから記事を書く事が苦痛でスムーズに文章を作り出す事が出来ていないんだ。キーワードに踊らされるな。

例えば「芸能人Aに熱愛疑惑!お相手は?」みたいな記事を書こうとすれば、必然的にその芸能人Aに関する情報をリサーチする必要があるし、自分がその記事を書いて上位表示する事が出来るのかと他のライバルサイトをチェックするだろう。

そうした時にアリがちなのは、自分が書く記事の内容を他のライバルサイトの記事に寄せるという事だ。自分が書いているのに他のサイトの記事のパクリのようなものが出来上がってしまう。これは問題だ。

つまりは他人と同じような記事を書いて、見出しや構成を少し弄った程度。後は他のサイトに書かれていた情報をリライトして自分の記事に仕立て上げるみたいな。そんな方法だとマジで自分の主張が吐き出せない。結局は猿真似だ。貴方の言葉ではなく誰かの言葉で記事を書くことになってしまう。

言葉を曲げていないだろうか

それこそな。今のブロガー界隈だと「会社勤めなんてダサい。時代はフリーランス」みたいな主張をしているブロガーがクソ多い。だけども、そんな中で貴方は「フリーランスなんて怖いよ。やっぱり会社員の方がメリットあるじゃん」と思うなら、周りの空気感や主張に流されず、貴方の主張を貫くべきだ。

そこで貴方が周りの顔色や空気感を伺って「そうだ、フリーランスが一番最高だ」みたいな思ってもいない事を吐けば、それは書く際に心理的な抵抗がかかる。だって思ってもいない事を書くという事は嘘を吐く事だからな。

だから、周りと共同歩調を取る必要は無く、貴方は貴方の主張を行うべきなんだ。

それを日々のアフィリエイトの記事制作で徹底して行えば、間違いなく文章の質を安定させることが出来るし、何よりも書く事に心理的な抵抗を無くすことが出来る。集中力が切れるなんて事も無くなる。

記事を書く際に本音で書く意味を落とし込め

言葉にするとメチャクチャシンプルなんだけど、この事実こそが最も文章の品質上げるテクニックなんだと俺は確信している。

なぜならば、俺自身が記事を書く際にウソを吐かなくなった。それだけで文章を書くストレスが消え去り、圧倒的な速度で記事を書きあげることが出来るようになったからだ。俺が自分の身を持って経験している。

もしも貴方がアフィリエイトで記事を書く事に頭を抱えて悩んでいるのであれば、この記事で語った1つの意識を重視してくれ。最後に俺から言っておきたい事をまとめておく。

この記事のまとめ

  • 文章の品質が落ちるのは自分が嘘を吐いているから
  • 本音で主張して文章を書けば高い品質の記事が出来上がる
  • 最初は本音で主張する事は怖いだろうけど、明らかに文章の品質は上がる
  • 本音で文章を書けば書くスピードも上がるしストレスがかからない
  • キーワードやライバルの記事の内容に踊らされるな

つまりはそういう事である。

最後にお知らせと言うか、まあ宣伝でもないんだけどさ。

貴方がアフィリエイトで月1万円も稼げていないなら、まず聞いておきたい。貴方は本当にアフィリエイトで成約する文章を書けているだろうか?コレはマジで自分の文章を見なおしてほしいんだ。仮に貴方が月数十万円の金額はアフィリエイトで稼いでいるなら、ここから先の文章は読む必要はない。

だけど、未だにアフィリエイトで納得できない結果になっているとしたら「売れない文章を書いている可能性」がある。モノが売れる文章ではないということだ。売れない文章なら100記事書いても1000記事書いても成果はマジで出ない。他のアフィリエイターが10万円稼いでいても貴方はその10分の1以下(月1000円~1万円程度)という事になってしまう。言い切るけどコレは全て売れない文章を書いているからだ。

そこで俺から1つだけPDFを紹介させてくれ。コピーライター宇崎氏が無料でPDFを配っているからダウンロードして読んでみて欲しい。

>>コピーライティングレポートの無料ダウンロードはこちら

ぶっちゃけた話をすれば貴方は「胡散臭い」と思っているかも知れないし、無料で手に入る情報やノウハウに対してそれほどの期待はしていないだろう。むしろパソコンの容量を喰うだけのゴミだとさえ思っているかもしれない。しかし、無料でダウンロードできるので、それだけでもしておいていただきたい。無料で手に入るには中々に完成度が高い内容だと俺は思う。

  1. コピーライティングとは
  2. コピーライティングを学ぶという事
  3. お金を生み出せるコピーとは
  4. 全ての人が「感覚的」に反応してしまうコピーとは
  5. 五感を刺激する強烈なコピーを作るテクニック
  6. 読み手を引き込む文章の書き方
  7. 信用を勝ち取れる文章の書き方
  8. 説得力のある文章の書き方
  9. 論理的な文章を書くテクニック

これらの内容がPDFにまとめられている。これだけあれば基本的なライティングの教材とか要らない。この無料教材だけでも基本は押さえられるはずだ。どうせ無料だし読むだけ読んでおいてくれ。

侵害による記事削除について

情報商材のレビューを行っていれば、「詐欺だというのは侵害だ」とか「営業妨害だ」という事で侵害申請をサーバー経由で送り付けられる。脅迫じみた文言で申請を送ってくるわけだが。もしも、この記事を読んだ無料オファーの関係者がいれば、まずは俺にお問い合わせからメールを送って欲しい。脅迫のような削除依頼ではなくて、実際にどの文言に矛盾点があるのか、俺が言っている事が事実無根であるならば言葉で良いから証明をして欲しい。俺だって別に全てのオファーに対して詐欺だとか言っている訳ではない。良いオファーに関しては適切に語るし、ポジショントークではなく真面目に判断をしたい。俺は少なくともそう考えている。まずは話しかけてくれ。正当性があるなら俺も謝罪して記事を書き直す。正義を掲げる気も語る気も無いが、レンタルサーバー会社に下らない申請手続きを取らせるのが申し訳ない。だからまずは1度気軽にお問い合わせから相談して欲しい。問い合わせからメールを頂いた場合については対応するが、当サイトを経由せずにサーバー側への削除申請に関しては全て却下し削除にも応じない。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
長官(チョウカン)

長官(チョウカン)

長官(チョウカン)だ。偽名だ。この名前にした理由は「何かカッコいいから」だ。それ以外に特に理由は無い。 2018年現在はアフィリエイトをコソコソやりながら生活をしている。来年はどうなるかは知らない。 このブログに始めて訪れた人は記事を読む前にプロフィールを読んでおいてくれ。俺がこのブログで伝えたい事は8割くらい書いておいた。

-アフィリエイト
-, ,

Copyright© Sagetale.online , 2018 All Rights Reserved.