ブログ

1つの記事で注目を集める方法

どうも内海だ。

今回は1つの記事で注目を集める方法を紹介したいと思う。

みんなはブログを書くときにどうしても、1記事だけでもバズってほしいなんて思いながら記事を書いているんじゃないかな。

今日はそんな方のための記事になっている。

自分が調べた事根拠を納得されるレベルで書く

読者が記事に求めるものってなんだろう
だいたいは「根拠」と「個人的見解」なんだよ。

大手サイトや常識とされている情報を再度確認したいから、あなたのサイトに訪問している訳ではない。

根拠と個人的見解をの知見を得たいから訪問しているといってもいいだろう。

逆を言えばどんな記事内容であったとしても「根拠」と「個人的見解」に

時間をかけて解説してあればおもしろい記事が完成することになる。

自分にはデータがないなら尚更

基本的に今から情報発信系の副業をやる気であれば、根拠と個人的見解が

しっかりした記事でなければなんの意味もない記事になるだろう。

・否定するだけして根拠が薄い内容

・検証していないのに、机上の空論が多い内容

・実績がないのに、予想だけで物事を語っておりエビデンスがない内容

となる。

例えば、旅行先のあるホテルに泊まったこともないのに
外観と系列店の雰囲気だけで記事をまとめたものと

同じ系列のホテルの口コミを参考に、目的のホテルのサイトを見て
スタッフや外観、立地などから予想をたてて記事を書いている内容

どちらがおもしろいか、一目瞭然だよな。
この一手間が大事ってわけ。
要は読者をどれだけ面白がらせるかという
サービス精神が必要ともいえるだろう。

記事は納得させるまでは終われない

よく記事は長さや文字数で考えてしまう人が多いんだけど

文字数が多ければ記事がおもしろいと思われていた時代はとうの昔に終焉を迎えてるよ。

納得させさせれば記事数は100文字でも問題ないんだよ。
いかにユーザーを楽しませて、「へー」って言わせて

また訪問してくれる記事をめざそうな。