副業の方法

記事の信憑性の高め方 恋愛を使おう

本日は記事の信憑性について記事を書いていこうと思う。

信憑性って言われてもピンとこないかもしれないが
要は信憑性を上げる記事を書くためには、言いたいことが伝えきれているという点がとても重要だ。

伝え切るとは、自分の言いたいことを納得させられるというという意味だ。
日常生活でもよくあるように、自分の言いたいことがあっても
完全に人には伝わらず・・しかしながら自分は伝わったと思って満足している。
こんな状態は多々あるよな。

顔を突き合わせたコミュニケーションだったら何とか修正可能かもしれないけど
これが文章だけのブログの場合などは全く伝えきれていない状況になるので意味がなくなってしまう。

そこで今回はその対策について紹介していきたい。

◆お金を稼げない人は逃げないでください。

みんなは学校で正式に話し方を教わった記憶などないと思う。
しかし、文章は書き方にこだわるのはなぜだろうか?

本など、文章のプロの記事を読んできているから、自分の文章に満足をもてないからだろう。
しかし、本当に重要なのは、美辞麗句を並べ立てることじゃなく
伝わる内容を書くことなんだ。

文章がプロでもニュース記事やその他の情報記事で、あなたは何かしらの行動をした経験があるだろうか?

自分に響く文章以外は行動に移したという経験はないはずだ。

今回紹介したい方法は「恋愛」をつかった例えだ。
いきなり何を言い出すんだ?と思っただろうか
まあいいから聞いてみなって。

好きな相手が目の前にいるとして
もしくはメールか何かで自分の気持を伝えようとしていると仮定してだ
文章にいくつか例えを入れておくと、人間はわかりにくい文章でも
例えがあればその部分だけに集中して文字を読んでくれるということはなんとなく想像できるだろ?

つまり例えというのはは自分の伝えたい内容を、わかりやすく相手に伝える必殺技のようなものなんだ。

◆恋愛を使った稼ぎ方

恋愛を使った例えはとても効果的だ。

なぜなら、恋愛は性別に関係なくほとんどの方が経験しているからなんだ。

そして、どの人でも似たような経験をしており
好きな人の前だと話せない、喋れない、緊張する などはもはやセオリーみたいになっているよな。

まあ、一部の人間はそうではない可能性があるけど
そこに意識を向けてしまうと正解にたどり着かなくなるので一旦考えないでおこう。

正解とは大衆心理を相手にした場合、その母数が多くなればなるほど不明確になるものだからな。
なのであらかじめ、自分の方を向いてくれる人だけの共感を得られるように考えてみよう。

恋愛で例える時は自分が納得できる言い回しであれば、それに納得してれくれる人だけに
伝わればいいって結論になる。

◆まとめ

どうだろう?なんとなく俺の言いたいことは伝わったかな?
単純に言ってしまえば八方美人はやめなよってことだ。

恋愛で例える場合は自分の経験を使って、多数派の真理はあまり考えずに
ガンガン自分の中で腑に落ちる例えで攻めていこう。