推奨教材

インサイダー&アウトサイダービジネス これまでのノウハウって何だったんだんだっていうレベル

今までになかった教材(言い古された言い方だけどね)

 

これまではネットで稼ぐ王道といえば
サイトを作って日々更新!というのが定番だったよな。

最近ではそれが動画コンテンツに代わったりしたけど
基本は地道な更新作業というのが必須だったわけだよ。

でも今回紹介するとインサイダー&アウトサイダービジネスいうノウハウは一味違うんだ。
セールスレターに書いてある通り

何が違うか

 ブログを作らなくてい
収益化を目指してコツコツとYouTubeにアップしなくていい
ましては怪しげな投資案件なんかに手を出さなくもいい

お金の無駄遣いは本当にやめてくれ

 

最後の投資案件は最近というか、今でもしつこくアピールしている人がいるけど
冷静に考えてみろよ。
お金っていうのは儲ける人がいれば損をする人がいる。
プラマイゼロの世界なんだよ。

だから参加している人全員がプラスになるなんて
天から1万円札が降ってくるようなことでもない限り無理だよな。
あのセールスレターに一瞬でも心がフラッときてる人は深呼吸することを勧めるよ。

 

金持ちになったらやりたいこと

 

話を元に戻そう。
このインサイダー&アウトサイダービジネスは、一言で言えば販売者の愛って言えば伝わるだろうか。
ん?嘘くさいって?

でもな、この言葉が一番しっくりくるんだよな。
俺もまだまだ、この松本氏ほどは稼いではいなんだけど
そんな俺でもだよ、過去の俺のようにもがき苦しんでいるみんなを見ていたら
手を差し伸ばしたい、助けたいっていう気持ちが芽生えてくるもんなんだよ。

はなっからボランティア精神なんてものには無縁だと思っていた俺でさえだよ。
だから安定して大きな額を稼げるようになった松本氏の気持ちも
僭越ながら分かるような気がするよ。

有名な例で言えばゾゾタウンの元経営者の前澤社長なんかがいい例だよな。
あの人はもう腐るほど金を持っているんだ。
一度は谷底に落ちたかに見えたけど、何度でも這い上がれる自信っていうものがあるんだろうね。

そんな立場に立ったと仮定してみろよ。
人間、次に何がやりたいかっていうと周囲の人間に感謝されたいっていう欲望が出てくるもんなんだよ。

その立場にならないと理解できないこともある

 

ここで稼ぐために商材売りつけて俺を騙そうとしているとか
きれいごとをいいやがってなんて言ってる人は
別に無理強いはしないよ。

でもいつか彼らの気持ちが理解できる日は来るとは思う。
でもそのいつかは早い方が傷口が浅くて済むじゃんか。
だから俺がブログでしつこいほど勧めているんだよ。
そういうノウハウは一日でも早く始めたほうがそれだけ楽になる日が近づくからな。

教材は一般にサポートなんか付けずに売り切り
悪く言えば売りっぱなしの方が面倒がなくて楽なことは否定できない。
でもそこを敢えて、この松本氏は嘘だろ!?っていうくらいに
手厚いサポートを付けてくれている。

まるで家庭教師なんじゃないの?
これはもはや儲け度外視しないとやってられないと思うよ。
(少なくとも俺はここまで献身的になる自信はないよ)
まったく頭が下がる思いだね。

とにかくセールスレターだけでも読んで判断してくれ。
この人、変人だな(いい意味でね)って思うはずだから。