ブログ

自己紹介

どうも
黒井だ。
といっても何者だ?となると思うから
簡単に自己紹介させてもらう。

脱サラして4年になる中高年だ。
工場労働者を長く続けていて
その生活が当たり前だと思っていた。

だがご多分に漏れず徐々にリストラの波が押し寄せてきて
給料据え置き、人員削減による個々人の負担増

なんだかこういう人生続けていても無意味じゃね?って思えてきて
当時副業でやっていたネットビジネスで食っていこうと
思い切って退職して現在に至っている。

今では大金持ちってほどじゃないが
日々の生活には全く困らなくなった。

具体的には

 

・コンビニで買い物していても値段を気にせずどんどん買い物かごに放り込める

・Amazonで月に30万円分くらい本をポチっている

・このご時世で最近は行ってないが月イチで家族旅行に行っている

・好きなアーチストの全国ツアーに全部行く(文字通りツアー)

 

 

他にもいろいろあるがサラリーマン時代では考えられないくらい
金銭的には自由になったと感じている。

真面目にコツコツ続けられないタイプ

なんだ
ただの自慢かよ!と思っただろうか。

もしかしたらそう聞こえるかもしれないが
俺が言いたいことは誰でも(そう、本当に誰でも)
どん底から這い上がることは可能なんだってことなんだ。

俺のネットビジネス遍歴というか副業遍歴は決して順調なものじゃなかった。

最初は確かにうまくいっていたんだ。

当時流行っていた転売ノウハウで
おもしろいように利益が発生した。

給料以外に自由に使える金が10万、20万あるってどんなにすばらしいことか
会社員のみんななら分かるよな。

ところがだよ
それに調子こいてクレジットカード枠を
どんどん仕入れ資金につぎ込んでしまった。
そう、需要があるかどうかの分析もせずに自分の勘を頼りにね。

結果は想像できるだろうが大量の在庫の山と
どんどん膨らんでいくクレジットカードの債務。
当時、アメリカからレゴブロックやおもちゃを輸入して

ヤフオクで転売していたんだが
部屋には段ボールの山で埋め尽くされていた。

問題はクレジットカードの支払いだ。

カードの支払いに充てるために
別のカードのキャッシング枠を使うということをしていたら
総額はどんどん膨らんでいき400万以上になってしまっていた。

このときすでに結婚して子供もいたから
途方に暮れたね。
月並みながら良からぬこともいろいろ考えてしまった。

自殺、蒸発、勇気がなくて実行に移せないから日々悶々と過ごしていたんだ。

そんなときにポストに
「過払い金請求、債務整理、自己破産」の文字があるチラシを見つけた。
よく読んでみると大手の弁護士事務所が
地方を回り無料相談会をしてくれるという。

 

俺も世間知らずだったから
まさか人生で弁護士と関わりを持つことになるとは思ってもみなかった。
心のどこかでそんなやつは人生の落伍者だとも思っていたんだ。

でも冷静に考えて自分は失敗したんだと認めて
そこから再スタートするしか道はないなって腹を括ったのを覚えている。

それでも相談会に行くときは人生で最もドキドキしたと言っていい。
近所の公民館だから間違っても誰かに目撃されてはいけないと
離れたとこに車を止め、サングラスとマスクをして相談会場に乗り込んだんだ。

でも手続きはあっけないほど淡々と進んで拍子抜けしたのを覚えている。
若い弁護士とパラリーガルってやつ?助手が面談してくれて
しゃべってるのは助手の方ばかり弁護士は最初の挨拶とサインをするだけだった。

 

俺は自分の状況を忘れて
弁護士ってものスゲー楽な商売だなとか
まあ、あれだけ勉強して苦労してゲットした資格なんだから当然かなんて
のんきに考えていたな。

というわけで債務整理の生活が始まったわけだが
これがまたキツイんだ。

まず

 

・クレジットカードが作れない

・ということは携帯はもちろん、あらゆるローンが組めなくなる

・車を買うにしても何にしてもすべて妻名義(最初は内緒にしてたから苦労した)

・月々7万円をキッチリ弁護士事務所に入れなきやいけない

 

 

最悪の状況を脱したとはいえこれはかなりきつかったね。

俺はこの窮地を脱する方法を考えたんだ。
転売というネットビジネスで失敗はしたものの
最初は成功していた。

ということは失敗した原因を分析して
リスクを減らして慎重にすればいいのではないか?

俺は月々の返済額を捻出するために
成功体験であるネットビジネスにかけてみたんだ。
でも転売は元手がいるのでできない。

そもそもクレジットカードを全部取り上げられてるからできないんだけどね。

そこで当時バブルが始まりかけていた
YouTube広告で稼ぐという方法をやってみた。

今みたいに動画を気軽にアップロードするという時代じゃなかったから
やってるやつもそんなにいなくて
おもしろいように収益が上ったね。

報酬も月、20万とか30万とか給料を超えるようにもなってきた。
債務整理も無事に終わった。

脱サラを決意することになる

当時の俺はYouTubeの収入があれば
怖いものはないんじゃないかと思うようになっていた。

今は規約変更でアップできなくなったり広告が付かなくなった
文字スクロール動画や、テレビ録画動画なんかで荒稼ぎしていた。

もともと会社員生活には不満があったので
家族や友人には反対されたが思い切って退職することにしたんだ。

月20~30万ほどのネット収入、わずかばかりの退職金と、失業手当もある。
朝は遅くまで寝ていて
こりゃ天国だ!なんて思っていたんだ。

ところが当時YouTube広告で稼いでいた収入がほぼゼロになってしまったんだ。
規約の改正だか何だか知らないけど
俺はパニックになったね。

それからは、ひとつのことに頼るのはリスクが大きすぎるということに気付いて
あらゆるノウハウを買い漁るようになったんだ。
まあ、その時点では小金はあったしな。

でもな、物事はそうそううまくいくもんじゃないね。

元来飽きっぽくて続かない性格だから
購入した情報商材に少しでもつまづくと
俺には合わないなとか、3万円もしたのに!クソ商材が!と思いながら
次々と発売される“最終奥義”的なものにどんどん金を突っ込んでいった。

するとだんだん気付いてくるんだよね。
たしかに、なんだこりゃ?っていうノウハウもあるけど
稼げてなかったのは自分の受け取り方というか準備の仕方
よく言われているマインドっていうのが原因だったんだってね。

黒井はどのくらい稼いでいるのか

それに気付いてからは面白いように収入が伸びていったよ。
今では月収で100万円は下回らないようになった。
それもほぼ不労状態でな。

来月はちょっと金がいるなと思えば
作業量をちょっと増やして(それでも1日8時間なんてやらないよ)
200万オーバーもゲットできるようになったんだ。

要は自分の気持ち次第で収入がコントロールできるようになったってこと。

過去の自分を否定するわけじゃないし
会社員という生き方がダメだって言ってるわけじゃないことは分かってくれ。
規模の経済っていう言葉もあるように個人じゃできないような
でっかいプロジェクトに関われる楽しさっていうのもあるのは理解している。

でもな、うまくいったときの報酬が微々たるものならやる気もでないだろ?
がんばって、がんばって昇給額が2000円って、、何それ?って感じじゃない。

黒井がこのサイトで情報発信する目的

世間で言われる“やりがい”っていうものを糧に
人生を送っていくのが快感だっていうのなら
俺も無理には止めないよ。
人にはそれぞれ生き方っていうものがあるからな。

でも、みんなもそうかもしれないけど
俺にも家族ってものがあるんだよね。
それは守っていかなきゃならないし
例え一人身であっても生活レベルは年々グレードアップしたいだろう。

そのときに数千円月給が上がっただとか
あいつよりボーナスが1万円多かったなんていうのは
屁みたいな話だと思うんだよね。

で、このサイトでこんな自己紹介をツラツラ書いていている目的を話したいと思う。

世間では副業解禁、ハッキリ言ってしまえば
自分のことは自分で何とかしてねっていう風潮になってきているのは感じているだろう。
そのときに、じゃあ副業っていっても何やればいいの?って迷っている人

あるいは、俺のように既に逃げるように会社を辞めてしまったはいいけど
ノウハウコレクター状態になっていて
ネットビジネスなんか稼げないって諦めかけている人に向けてアドバイスしたいんだ。

もうちょっと掘れば金脈はある
ただ掘る方向が違うだけなんだってね。

黒井が続けていた、結果稼げるようになった思考法とは?

小金は少しばかしあったとは言えそんなに無尽蔵に金があったわけじゃないし
元来無駄遣いは悪だっていう思考が染みついていたので
無駄な商材を買ったときは心底後悔したんだ。

でもな、不思議と訴訟とか返金とかいう思考にはならなかった。
それは最終的に決済ページでポチッた自分の責任だってね。

その繰り返しがあったからこそ
徐々に本物を見極める目が養われていったんじゃないかなって
今では思ってるね。

でもな、これを読んでるみんなには同じ道を辿ってほしくないんだよ。
なるべく無駄な金は使わないに越したことはない。

できるだけショートカットで楽をしてっていう考え方でいってほしいんだ。
結果としてたまに失敗することはあっても、それは最小限にとどめてほしい。

そのためにこのブログが役に立ってくれるなら本当にうれしいんだ。

俺は現状に満足していない会社員に向けてこの文章を書いているが
特に伝えたいのは工場労働者だ。

みんなそれぞれとてつもないスキルを持ってるんだよ。
ものづくり、効率化、人付き合い
それが不当に低く評価されているのも俺はおもしろくないんだ。

たぶんその技術を身に着けるまでに意識してきたこと
我慢強さなんかを失わずにネットビジネスに飛び込んでみてよ
ぬるま湯だなって感じるはずだから。

そんなことを伝えていきたいと思う。