本当の意味での自由を得る為「独りで生き抜く力」を育てる為のネットビジネス解説ブログ

Sagetale.online

無料オファー

サイトが消される?アフィリエイトをしていれば来る「侵害情報の通知書」とは

投稿日:

長官だ。つい2日前にある会社からレンタルサーバー経由で「侵害情報の通知書 兼 送信防止措置に関する照会書」が届いた。

「弊社の提供している○○に対する根拠のない誹謗中傷、湾曲した情報をあたかも事実と感じ取れる内容での流布

上記サイト上で、弊社ホームページ画像や弊社の販売ページURLをを流用し、弊社が販売する商品サービスに対し、詐欺だと断定した形で公衆の場で公表しています。」

当該ブログの内容にて、弊社が提供しているサービス「○○」への内容(弊社の画像及びURLを勝手に添付または、引用)にて、明らかに事実と異なる内容だ里、弊社が詐欺行為を行ってい折ると第三者が認識してしまう内容になっており、多大な迷惑を被っております。

弊社の利用規約にも記載しております、「著作権」「無断転載の禁止」「無断リンクの禁止」に違反しております。

可及的速やかに当該ブログの削除もしくは公開制限を行って頂きますようお願い致します。また、当該ブログを見た方からの問い合わせが多数あり、弊社の事業に多大な悪影響を与え、弊社の業務を妨害しております。

被害状況もあり、信用棄損、業務妨害で弁護士に相談を検討しています。つきましては早急な対処をお願いします。

最近、このブログの人気記事ランキングから削除された記事を思い出して貰えれば、どの会社が出したのかは分かるだろう。その無料オファーを打ち出している会社から侵害情報の通知書を受けた。

で、俺もこの通知書が来て最初は「また来たか」と思って対処をしようとしていたんだけど、通知書を読んで書かれている文句が余りにも過激だったので記事ごと消す事にした。俺が契約しているレンタルサーバーからわざわざ郵送で通知書が届いたんだが。サーバー会社にも悪いなと思ったしな。

しかし、当該記事を読んでも誹謗中傷をしている点は1つたりともなく、冷静に俺の経験値から疑問を述べていただけに過ぎない。それどころかそのオファーの巷の評判に対してのフォローもしたくらいだ。にも拘らず面倒臭い申請を出しやがった。何とかトリックさんのことだけど。分かる人だけわかればいい。

今時、無断リンクを禁止する輩もいるんだな。どれだけ旧世代に生きてるんだよ。そもそも検索エンジンでインデックスされるようにしている時点で、無断リンクもクソもないし法律上は何の拘束力も無ければ平然と行える行為だ。にも拘らず「無断リンクの禁止に違反しています」って…。

当該ブログを見た方からの問い合わせが多数あり、弊社の事業に多大な悪影響を与え、弊社の業務を妨害しております。

とも言われたんだけど、記事内容としては何も悪質な点は記載していない。「会社設立が最近」「会社の住所はレンタルスペースだから不安」「ビジネスモデルが分からないから不安」「結論:この無料オファーの良し悪しは判断が出来ない」とまとめていた。ここに何か侵害をする文言はあるだろうか、言い回しはあるだろうか。詐欺だとは断定もしていないし不安だとしか言っていない。

そもそも、詐欺だと断定する場合というのは殆どない。明らかにビジネススキームとしての破綻が起きており、明らかに危険である場合にのみ断定をする。普段は根拠を示したうえで「その可能性もある」と文章にしているだけだ。

侵害を受けていることを主張する事は悪い事ではない

無料オファーをネット上に出している時点で世界中にその情報を公開しているという、当然の事実をまずは理解して欲しい。従って無断リンクがどうのこうのという言葉を吐く事がどれほど稚拙で、その様は幼稚園児にも劣ると分かって欲しいんだ。

言い方は悪いのだがこの周知の事実を分からずに「詐欺と言わないで下さいとか、無断リンクが」という生き物は知的生命体とは思えない。申し訳ないが俺の目の届かない宇宙の片隅でひっそりブラックホールにでも飲み込まれて欲しい。

とはいえ「これは言い過ぎだろ」とか「引用表記忘れているよ」とかの指摘であれば、その点は俺も申し訳ない。だからまずは相談をして欲しい。

まずは相談をして欲しいしコピペで送り付けるのはクソ

もしも、この記事を読んだ無料オファーの関係者がいれば、まずは俺にお問い合わせからメールを送って欲しい。

脅迫のような削除依頼ではなくて、実際にどの文言に矛盾点があるのか、俺が言っている事が事実無根であるならば言葉で良いから証明をして欲しい。

俺だって別に全てのオファーに対して詐欺だとか言っている訳ではない。良いオファーに関しては適切に語るし、ポジショントークではなく真面目に判断をしたい。俺は少なくともそう考えている。まずは話しかけてくれ。正当性があるなら俺も謝罪して記事を書き直す。正義を掲げる気も語る気も無いが、レンタルサーバー会社に下らない申請手続きを取らせるのが申し訳ない。

だからまずは1度気軽にお問い合わせから相談して欲しい。問い合わせからメールを頂いた場合については対応するが、当サイトを経由せずにサーバー側への削除申請に関しては全て却下し削除にも応じない。

この文言は他の記事ページにも表示されるようにしておいた。従って当表記を無視した申請には従う事は出来ない。記事を徹頭徹尾読んでいないという事になる。

今回の件で詐欺オファーだと断定した

今回削除した記事の案件名は伏せる。それは俺が1度消すと決断したからだ。

だけども、今後はその様な対応は取らない。修正以来には応じるが、それは相手に根拠があってどの点に矛盾や乖離が生じているのかを示された場合につき対応する。俺を通さずに侵害申請を出してくる木偶野郎には対応をしない。

また、今回侵害申請を出してきた会社、オファー、人物全てを今後は詐欺師として俺は認知した。当然の内容を書いているにも拘らず記事を読まずにこのような文面で脅迫する人間に対して俺が良い感情を抱くと思うだろうか。

包丁の切っ先を向けた人間に対して親近感を覚えろと言う方が無茶な話だ。てめえの脳内は独裁国家かよ。勝手に俺を粛正するんじゃねえ。

ということで今後にオファーを判断する際には、今回の件を踏まえてレビューを行う。

「僕(私)のオファーの悪評を書かないで」「それは言い過ぎだよ」「間違った事を書かないで欲しい」という事があれば、まずは俺にお問い合わせからメールを送ってくれ。確実にそっちの方が早く対応できるから。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
長官(チョウカン)

長官(チョウカン)

長官(チョウカン)だ。偽名だ。この名前にした理由は「何かカッコいいから」だ。それ以外に特に理由は無い。 2018年現在はアフィリエイトをコソコソやりながら生活をしている。来年はどうなるかは知らない。 このブログに始めて訪れた人は記事を読む前にプロフィールを読んでおいてくれ。俺がこのブログで伝えたい事は8割くらい書いておいた。

-無料オファー

Copyright© Sagetale.online , 2018 All Rights Reserved.