ブログ

総合支援資金や給付金について思うこと

あなたは新型コロナウイルスの影響を受けているだろうか。
突然こんな話をするのも
昨日、菅総理から緊急事態宣言の延長が発表され
それに関連して政府の新たな支援策も発表されたというニュースを聞いたからだ。

雇い止めにあっても納得してしまう

俺の知人でも最近、この騒ぎの影響で(敢えて新型コロナの影響とは言わない)
仕事を失ってしまったやつがいるんだ。

そいつは去年の暮れに転職したばかりだったんだけど
正社員採用ではなかったために、契約を更新されなかったという
いわゆる雇い止めという形になってしまったそうだ。

そいつも雇用している側の気持ちも分かるだけに
仕方ないと、なかば諦め気味だったけどな。

でもな、いきなり仕事がなくなってしまう状態を想像してみてほしい。
明日からの食費、光熱費、月末の引き落としの嵐をどうやってしのごうかと
暗澹たる気持ちになるだろう。

これが貯金があるならしばらくはなんとかなるけど
1年半以上もこの異常な状態が続いている中で
貯蓄をコツコツやってる余裕があるやつなんてほんの一部だろうと思う。

余力があるうちに動き出す、これ鉄則

まあ、こいつの場合は俺のアドバイスで副業をやっていたので
10万から12万くらいは月々稼げるようになっていたので
なんとか食っていくくらいにはなっているけどな。

みんなの今の状態はどうだろうか。
まだ通える職場はあるだろうか。
昇給がない、ボーナスがないとはいっても
まだ仕事があるだけ幸せなんだと思ってくれ。

だから、今の職場にしがみつけなんてことが言いたいわけじゃない。
少しでも余力があるうちに収入の柱を増やせるだけ増やしておいた方がいいということを強調したい。

喉元過ぎれば熱さを忘れる

昨日の総理の会見後
ネットで飛び交っていたのは
やれ総合支援資金の延長はなしですか!?というものや
給付金があまりにショボい(確かに俺もそう思う)なんていう意見ばかりだ。

たしかに自粛ばかりを求めて経済支援をしなかった政府にも問題はあるかもしれないよ。
でもな、なんでみんな待ってばかりなんだ?
自粛してる間、何をやってた?
まさか家の中でゴロゴロしてたわけじゃないよな。

本業はこの状況が落ち着いたら復活させるとして
そのあいだのつなぎの副業なんて考えたら山ほどあるじゃないか。

田村厚労大臣の答弁が冷たいっていう意見も見かけたね。
でも、もしも総合支援資金が延長されたとしてだよ
多分3ヶ月後にもコロナ騒ぎ関係なく
そのときにも同じように延長!延長!って言っているような気がするんだよね。

来月からどうしようって言ってる今は何とか生きてるわけだろ?
じゃあ今日、明日行動できることを考えてみたらいい。

総合支援資金の延長が決まったらすること

まあそうは言っても日本政府は優しいし
選挙対策のこともあるから
俺は再貸付の延長はあるんじゃないかなと予想している。

しかしだよ
ここで「あー良かった」なんてほっとして
だらけちゃいけないよ。ましてやプチ贅沢なんていって
外食に出かけるやつは救いようがないと思う。

貴重なチャンスを与えられたと受け取って
早速行動に移すべきなんだ。
これは支援策が決まったその日にやれと言いたい。

ネットで情報を集めるなり、本屋に出かけて世の中の動向を探るなりして
何かできることはないか緊張感を持って取り組んでほしい。
そのときに役立つ情報は今後もこのブログで発信していくので期待しておいてほしい。