本当の意味での自由を得る為「独りで生き抜く力」を育てる為のネットビジネス解説ブログ

Sagetale.online

アフィリエイト

トレンドアフィリエイトの理想的なタイトルとは?文字数は関係ないのか

投稿日:

今回の記事ではトレンドアフィリエイトで肝心なタイトル付けについて、俺なりの決め方を解説していく。俺が実際にトレンドアフィリエイトサイト30個を運営してきて、記事のアクセス数や人気記事、反応を見てきた中で「困ったらこんな感じでタイトル作ろうぜ」っていう1つの結論を見出した。

せっかくなのでこの記事で共有しておこう。

【記事紹介】↓この記事だけはチェックしておいてくれ!↓

記事タイトルの重要性を再認識せよ

まず最初に俺の中では重要だと思う順位がある。迷った時はこれから意識していけって言う俺の指標だ。トレンドアフィリエイトで忘れてはいけない稼ぐための要素ベスト3には確実に入ってくるのが「記事タイトル」だ。

キーワード選定方法やアイキャッチ、リード文など、大事な要素は他にもあるけども、記事を読んで貰う為と言う点では間違いなく「記事タイトル」こそ注力しなければならない。皆思っている以上に記事タイトルの作り方が下手だ。

トレンドアフィリエイトに限った話ではないのかもしれないけども、記事タイトルはトレンドアフィリエイトでは更に注意して作り込んで欲しいと俺は思っている。

自分が狙えるキーワードで記事を書く

まず基本中の基本だが、記事のタイトルを決める前に「どんなキーワードを狙っていくのか」という点を考える必要がある。

トレンドアフィリエイトなのに全く話題になっていない、トレンドとさえ言えないキーワードを狙っている馬鹿はいないと思うけども、たまにトレンドキーワードの選定方法が下手でアクセスが全く集まっていないビギナーを目にする。従ってタイトルを作る前にキーワード選定を意識してくれ。

トレンドキーワードをタイトルに馴染ませる感覚

キーワードを決めたら、思わずクリックしたくなるようなタイトルになじませる必要がある。例えば一般的なキーワード選定方法と言えば「サジェスト」や「虫眼鏡キーワード」を使って記事にするキーワードを選ぶ。

そして選んだキーワードはそのまま使ってはいけない。それは常識だ。

例えば「ダレノガレ明美 身長」というキーワードで記事を書くなら、それを記事タイトルに上手く馴染ませる必要がある。間違っても「ダレノガレ明美の身長について語ってみた」というような糞みたいなタイトル付けはしないでくれ。まずアクセスが取れないというかクリックされない。検索上位にも上がらないだろう。

せめて興味を引くようなタイトル付けをして欲しい。例えば「ダレノガレ明美の身長は?なんとあの芸能人と同じだった!」みたいな感じで。あるいは別にキーワードと混ぜてもいいと思う。ま、この辺りは上手く決めてくれ(投げやり)

狙っているキーワードを左端に置く意味

最後に紹介しておくのが、キーワードの位置だ。出来る限りこのキーワードがタイトルの左端に置くようにする。

Googleのクローラーの仕組み上で、左側に近いキーワードほど「大事な物なんだな」と判断される。その為、左側に全く関係ないキーワードを置きまくると自分が狙っていないキーワードで上位表示を目指す事になってしまう。

度々出して申し訳ないけど、例えば俺が「ダレノガレ明美 身長」でタイトルを付けるんだったら、「ダレノガレ明美の身長は…………」と左に近づける。読んでいて文章として破綻せず、かつクリックしたくなるように極力左端に設置する。

もしも俺がタイトル付けを間違うと「とにかく美人で半端ない俺も大好きなダレノガレ明美さんのとびっきり高い身長について」みたいなものを作ってしまうだろう。コレは極端な話だけどね。逆にクリックしたくなるかも。

それから狙うキーワードの順番は出来る限り崩さない様に。「ダレノガレ明美 身長」と言う場合なら「ダレノガレ明美 身長」の順番で、「身長 ダレノガレ明美」の逆の順番になる事は出来れば避けたい(神経質までに注意する必要はないけど)

トレンドアフィリエイト記事の理想的な文字数

まずアフィリエイトの常識のように言われていることから否定をしておきたいんだけど、タイトルは32文字、31文字以内に設定しなさいと言うのは大きな間違いだ。

タイトルの文字数は多くても33文字にしろという事が言われているけども、そう言われている理由は「文字数が長すぎると後ろの方は検索エンジン上で表示されないから」に過ぎない。

つまりは、クリックされるタイトルを作るためには32文字程度で作る必要はあるけど、その後ろに文章が続いても問題ないっていう事だ。むしろタイトルを長くして狙うキーワードをブチ込んでおいた方がいいとさえ俺は思う。というかそれを実践している。

巷のSEO対策の基本は「どういった根拠を元に基本となっているのか」をよく考えて欲しい。このタイトル付けのコツがよく分からないのであれば、32文字程度で付けちゃってもいいけど、俺が言っているタイトル付けの話が理解出来るんだったら、間違っても「タイトルは短くしようねー」ってのが至高であるとは思わない事だ。

まあ、最終的にタイトルにキーワードが入っていて、クリックしたくなるようなタイトルなら問題はない訳だが。

この記事のまとめ

最近ではトレンドアフィリエイトの過度なGoogleペナルティも減少している物の、やはり安心して運営していく為にはペナルティ対策も不可欠だ。間違ったタイトル付けを行う事によって集まりはずの何割かのアクセスを失ってしまう事にもなる。

今回説明した事は難しくないはずだ。ぜひ実践をして頂きたいと思う。

もしも、貴方がネットビジネスを実践する際に悩んでいるのであれば、俺に1度だけでもいいから相談をしてくれ。

俺も暇のように見えて実は忙しいから、全ての質問に答えられる自信はないけども出来る限りは答えていきたい。ネットビジネスは一通り実践してきてはいるが、俺の専門はアフィリエイト(ブログ、トレンド、サイト)だ。だからアフィリエイトに関しての込み入った内容は俺も答えられるはずだ。

貴方が今この瞬間一番やってはいけない事は俺にスパムメールを送る事でも、このブログのコメント欄に罵詈雑言書く事でもない。

1番やってはダメなのは「僕(私)には稼げないんだ。一部の人しか稼げない無理ゲーなんだ」と自分に絶望する事だと俺は思う。俺の気持ちとしては貴方に「え、意外と簡単に稼げるじゃん」と分かって貰いたい。

再度言うが、もしも悩んだり行き詰っているなら俺にメールを寄こせ。下のボタンをクリックすれば相談メールを送れるページへと繋がる。畏まってクソ丁寧にメールする必要はない。ビジネスメールなんて全てクソだと俺は思ってる。気軽にメールしてくれ。俺も気軽に返すから

侵害による記事削除について

情報商材のレビューを行っていれば、「詐欺だというのは侵害だ」とか「営業妨害だ」という事で侵害申請をサーバー経由で送り付けられる。脅迫じみた文言で申請を送ってくるわけだが。もしも、この記事を読んだ無料オファーの関係者がいれば、まずは俺にお問い合わせからメールを送って欲しい。脅迫のような削除依頼ではなくて、実際にどの文言に矛盾点があるのか、俺が言っている事が事実無根であるならば言葉で良いから証明をして欲しい。俺だって別に全てのオファーに対して詐欺だとか言っている訳ではない。良いオファーに関しては適切に語るし、ポジショントークではなく真面目に判断をしたい。俺は少なくともそう考えている。まずは話しかけてくれ。正当性があるなら俺も謝罪して記事を書き直す。正義を掲げる気も語る気も無いが、レンタルサーバー会社に下らない申請手続きを取らせるのが申し訳ない。だからまずは1度気軽にお問い合わせから相談して欲しい。問い合わせからメールを頂いた場合については対応するが、当サイトを経由せずにサーバー側への削除申請に関しては全て却下し削除にも応じない。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
長官(チョウカン)

長官(チョウカン)

長官(チョウカン)だ。偽名だ。この名前にした理由は「何かカッコいいから」だ。それ以外に特に理由は無い。 2018年現在はアフィリエイトをコソコソやりながら生活をしている。来年はどうなるかは知らない。 このブログに始めて訪れた人は記事を読む前にプロフィールを読んでおいてくれ。俺がこのブログで伝えたい事は8割くらい書いておいた。

-アフィリエイト
-

Copyright© Sagetale.online , 2018 All Rights Reserved.