副業の方法

不労所得をネットビジネスで実現!それって可能なの?

 

まず最初に聞いておきたいんだけど、あなたは不労所得を構築したいだろうか。
…という質問をするのはなかなか無駄だったかもしれない。

やっぱり楽して稼げたらいいよねっていう発想は誰しも頭の片隅にはあるはずで
少なくともこのブログを読んでくれている方は頭の片隅どころが
頭の中心にあるはずだ。

ぶっちゃけ誰だって不労所得を構築して働かずに飯を食っていきたいという願望はある。
それは万人が持つ夢だろう。

でも誤解しないでもらいたいんだが、俺はその考え方を否定するつもりなんてのは毛頭ない。
実際、俺だって長期的に稼ぎ続ける不労所得を作り上げることを1つの目標においているんだ。

半永久的に稼ぎ続けることのできるシステムなんて甘い考えはないけども
「働かずに稼ぎ続けるシステム」を構築することには余念がないし
こうしている今だって自動で稼げる仕組みは動いてるんだよ。

そのことを前提にして話を進めようか。

世の中では「不労所得なんて幻想だ」とまで言われている。
いつかはその仕組は通用しなくなるとさえ言われている。
ぐぐってみたらそう言っているブログはいくつも存在する。

実際俺だってそのようには思っているんだ。
10年後にも不労所得で自動で稼げているのかっていうと、そんなことはないと思っているからな。

ただ現時点の話をしておきたい。2021年現在だと方法論を知ってさえいれば
最終学歴が小卒でも、借金1億円であろうとも誰でもその仕組みを簡単に作ることは可能だ。

今回の記事ではその仕組み作りのコツについての触りの部分を解説してみたい。

不労所得を構築するための方法と、どれを選ぶか

 

まず最初に押さえておいてほしい。不労所得を作り上げる方法は1つではない。

こういうネットビジネス系のブログ運営をしているからか
ネットで稼ぐ方法=アフィリエイトと考えている初心者も多いようだ。

だけどもネットビジネスという括りでみれば他にもあるよ。
せどりや転売、クラウドソーシングなんかもそうだな。

つまりはこの記事で紹介する不労所得の方法は1つではないという事をまずは知っておいてもらいたい。
いくつも存在する稼ぎ方の中でどのようなネットビジネスを選べば不労所得を作り上げることができるのか。

初期費用を考えておく

 

最初に語っておかなければならないのは初期費用の概念だ。

ビジネスを行うからには普通は始めるための資金が要る。
たとえばの話だがコンビニの経営をしたいのであれば加盟金、準備の手数料などを考えると
およそ400万円ほどのお金が必要になる。
俺はコンビニ経営はしたことないからあくまでもネットで調べた限りなんだけど。

なにもコンビニが特別この金額だというわけではない。
店舗を借りて準備をしてビジネスを始めるのなら、この程度の初期費用はかかって当然だ。

ネットビジネスに関してもそうだ。ネットビジネスというとお金がかからないというイメージがあるけど
せどりのようなビジネスを行うのであれば通常は仕入れのお金が必要になる。
したがってネットビジネスでも初期費用は必要なものだと思ってもらいたい。

だけどな、不労所得を作りあげることを考えてネットビジネスを行うのであれば
初期費用がかかるビジネスは選ばないように注意してもらいたいんだ。

これは単純に失敗したときのリスク面もそうなんだけど
実際に莫大な初期費用を投入してビジネスを開始した結果
そのビジネスが失敗したときに生じる精神的なダメージを考えてほしいからなんだ。

言い方が悪いけどビジネスが失敗すること自体は、まあいいよ。
でもそれで精神がぶっ壊れてしまうのはいただけない。
だからこそ初心者が不労所得を堅実に作り上げるのなら
可能な限り初期費用がかからないビジネスを選択してもらいたいんだ。

再現性はどれだけあるか考慮しておく

 

ネットビジネスは実際の現業というかリアルビジネスと比べても断然リスクは低い。
そう考えてもらっていい。

あとはどのくらい再現性があるのかも考えておかないとな。
これを外すと参入しても不労所得が構築できずに終わってしまう。
それどころか収益自体が発生しないことにつながる。
だからこそ「再現性」については頭のすみに置いておこう。

再現性というのは、自分がそのビジネスをやってノウハウ通りに稼げるのかっていう話だ。
料理本のレシピを見ながら料理を作ってレシピ通りにやれば
料理本のように作ることはできるのかという例えだとわかりやすいだろう。

この場合に初心でも再現性が高いビジネスを選択する必要がある。
明らかに初心者が参入してはいけない市場は存在するし
相手にしてはいけない競合も存在する。
そしてそういう所でビジネスをしていかないようにも再現性には気をつけることだ。

ネットビジネスだとアフィリエイトは極めて再現性が高い。
まったくの副業初心者でも1年間やれば本業の月収は軽く超える程の力を秘めている。
成功確率は尋常ではないくらい高いんだ。

そういったビジネスを選択してくれ。ここを間違うのは絶対に避けてくれ。

それは長続きするのかどうか

 

最初にも言ったけど、死ぬまで自動的に稼ぐという発想の不労所得はこの世の中に存在しない。
残念かもしれないけど、3秒間考えてみればそんなものが世の中に存在しないなんてことは
小学生でも分かるだろう。

仮にあなたが現在30歳だとしよう。死ぬまで自動で稼ぐとうことは
残り50年から60年は自動で稼ぐということになるよな。
そんな確約があるはずがないだろう。

俺なりの意見だが、不労所得は10年もてば「かなり優秀」だと言える。
むしろ10年も稼ぎ続けられる不労所得を作れたことは奇跡といってもいいくらいだ。

あとは不労所得の定義にもよるけど、1000円を毎月稼いでも不労所得に変わりはないし
毎月1億円でも不労所得だ。「金額はいくらでも自動だったら不労所得」という定義も怖い話だよ。
その不労所得システムで死ぬまで飯を食っていくという発想はここで捨て去ってほしい。
まじめに考えればあるわけがない。

不老不死は無理だけど、長生きすることはできるということだと考えてくれ。
俺はそういう視点で不労所得を構築しているよ。ちなみにこれに関して具体的なテクニックについては
別の場所で語ることにするから待っていてほしい。(PDFにでもして配るよ)

不労所得を作りたいならアフィリエイトが最適解でOK?

 

色々な話をしてきたが、俺の考えからすれば不労所得に最も近い形はアフィリエイトだと考えている。
もちろん資金が潤沢にあるのであれば不動産投資という方法もあるだろう。
しかしながら大体の人はお金がないからこそ稼ぎたいと思っているはずだ。

だから初心者でも再現性が高く、資金もほとんどかからない圧倒的な低リスク
それに加えて長期的に稼げる可能性を考えるとアフィリエイトこそが最適だという結論に達した。
あくまでも2020年現在での評価だが。

なによりもアフィリエイトは継続的な作業をおこなえば実際に収益になる。
継続して記事を書くだけで収益になるわけだ。国家資格が必要なわけではなく医師免許が必要なわけでもない。
小説家のような才能がいるわけでもないんだ。

ただ継続するという姿勢を貫けばいい。

それでアフィリエイトは稼げる。難しいとか自分にはできなさそうということを言う人がいるが
まずはやってみてほしい。まず1年間継続をすればアフィリエイトの可能性を感じざるをえないだろう。

少なくとも在宅ワークでチマチマと内職しているよりは断然稼げるし
モニターサイトでポイ活するより100倍は効率がいいよ。

実際に俺の知っている人でも、本業の月収を超える金額をアフィリエイトで稼ぐ猛者もいるくらいだ。
この辺の魅力とか方法については別の記事で語ることにするが
不労所得を作るのであれば現時点ではアフィリエイトが最適だという事を忘れないでほしい。

ほんのちょっとでもアフィリエイトに興味が湧いたなら
まずは始めていただきたい。

初心者がアフィリエイトで稼ぐための基礎教材を俺が実際に選んでみた。
俺が「これはいいね」と思った教材を厳選しておいたから1度は目を通してくれ。

世の中にはクソみたいな教材も多いのだが、この教材に関しては保証する。
不労所得を作るということを真面目に考えるのならば極めて役に立つ教材だと断言しておく。
間違った方法を実践して時間を無駄にしたくないという人は必ず目を通してもらいたい。