副業の基本

サラリーマンでは絶対に金持ちになれない話

本日はサラリーマンではお金持ちになれない理由についてです。

サラリーマンの本質は自分の財産である”時間”と”労力”を売り続ける事でお金という対価をもらうことです。
時間は有限なんて話も聞いた事があると思います。

この事実は誰にも覆す事はできないでしょう。

ただ、有限なのは時間だけであると考えていると痛い目を見ます。

実は労力も有限であり、ここにとても重要は意味があります。
サラリーマンは労力を売る事になにも疑問をもってないようですが、これ実はとても非効率的なことなのです。

労力は将来に自分が働けなくなった体になった時の為に頑張って売るものではありません
一時的にがんばり、何もしなくても将来継続的報酬を得られるようにするために自分に投資するものなのです。

◆労力は自分の為だけに使え

労力をお金にために使う人がいますが、これは非常にもったいないのです。
今やどんな好きなことでもお金を稼げてしまう時代

その時代にいながら、お金のために働かなければいけないと思考するのは
とても単純な思考の持ち主であると考えます。

少し言い方は悪いかもしれませんが、労力を他人のために使えばその分
自分には何もできていない時間が続く訳ですから。

◆好きな事でお金を稼ぐ

あなたには好きな事がありますか?
ほとんどの方は「無い」と答えるかもしれませんが、興味のある事は?の質問には

答えられる人が多いのではないでしょうか?

その興味はお金を稼ぐための種であり、育てば大きな金額を稼いでくれる花になります。

まずは種を育てるために自分が何に興味があるか考えましょう
次にブログと動画で自分の興味のあることを調べて、情報発信している人を調べましょう。

その中で、「なにか足りないな」と感じたもの、ライバルがやっていないことを見つけたら即
そのジャンルを手がけられるように考えてみます。

今では、数万お金を使えば自分のしたい事などを形にしてくれる人もいます

◆今しかポジションは空いていない

今更遅いと死ぬまで思う人、今でも間に合うと今思う人

人生の得はどちらに訪れるでしょうか?

少し考えればわかる事ですよね。